【九州地区大学野球連盟南部】熊本地区予選、崇城大が決勝リーグ進出

 第101回九州地区大学野球選手権南部九州ブロック大会・熊本地区予選(平成31年度熊本四大学野球春季リーグ戦)の第2週最終日が21日、熊本市のリブワーク藤崎台球場で行われ、崇城大が熊本大から勝ち点2を上げ、8季ぶり6回目の優勝を決めた。熊本大は決勝リーグ(5月24日から3日間・沖縄セルラースタジアム那覇)に出場する。

▽2回戦(崇城大2勝)
熊本大
000|001|002=3
000|003|10X=4
崇城大
【熊】井土、川原、緒方-古澤
【崇】北崎-濱田
【三塁打】小坂、荒木(以上熊)、中山(崇)
【二塁打】濱口(崇)

【全日本大学野球選手権大会】第68回大会組み合わせ決定

 平成31年度/令和元年度の大学野球日本一を決める第68回全日本大学野球選手権大会(6月10日から7日間・明治神宮野球場、東京ドーム)の組み合わせ抽選会が19日、東京都内の全日本大学野球連盟事務所で行われ、別表の通り組み合わせが決定した。前回優勝の仙台六大学野球連盟、同準優勝の千葉県大学野球連盟、同ベスト4の東京六大学野球連盟、福岡六大学野球連盟と、最近10回の大会で優勝回数が多い東都大学野球連盟の5連盟がシードされた。
 開会式は大会前日の9日に明治神宮会館にて行う。また、明治神宮野球場の開幕試合で、第18回大会(昭和44年)の優勝校・東海大の当時投手だった上田二朗氏が始球式を行う。

【全日本大学野球選手権大会】神宮への道、平成31年度春季リーグ戦開幕

 平成31年度の大学野球日本一を決める第68回全日本大学野球選手権大会(6月10日から7日間、明治神宮野球場・東京ドーム)への出場権がある全国26大学野球連盟春季リーグ戦の先頭を切って、東海地区大学野球連盟の静岡県リーグ、九州地区大学野球連盟南部の沖縄地区予選リーグが30日、それぞれ開幕した。今後各連盟とも順次開幕し、6月上旬ごろまでには全27代表校(九州地区大学野球連盟は北部と南部の2代表)が決定する。

【日本学生野球協会】平成30年度・第51回日本学生野球協会表彰選手発表

 日本学生野球協会は10日、平成30年度・第51回日本学生野球協会表彰選手及び部員を発表した。受賞したのは全国26大学野球連盟と各都道府県高校野球連盟から選ばれた選手・部員計73名。
 大学の表彰選手は別表の通り。

【全日本大学野球連盟】来年度の全国大会日程発表

 日本学生野球協会と全日本大学野球連盟は5日、東京都内でそれぞれ理事会を開いて下記の通り来年の全国大会日程を決めた。

【全国大会】
▽第68回全日本大学野球選手権大会
6月10日(月)から7日間 ※休養日含む
明治神宮野球場、東京ドーム

▽第50回記念明治神宮野球大会
11月15日(金)から6日間
明治神宮野球場

【大学日本代表】
▽第43回日米大学野球選手権大会 ※全5試合
7月16日(火) 坊っちゃんスタジアム(愛媛)
7月17日(水) 今治市営球場(愛媛)
7月18日(木) 絆スタジアム(山口)
7月20日(土) ヨーク開成山スタジアム(福島)
7月21日(日) 明治神宮野球場(東京)
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ