【関甲新学生野球連盟】上武大が優勝、関東地区大学野球選手権大会出場

 平成29年度関甲新学生野球秋季リーグ戦の最終節最終日が17日、群馬県伊勢崎市の上武大学野球場で行われ、上武大が白鷗大から勝ち点5を上げ、7季連続31回目の優勝を決めた。
 両校は第48回明治神宮野球大会出場決定戦を兼ねた横浜市長杯争奪 第13回関東地区大学野球選手権大会(10月30日から4日間・横浜スタジアム予定)に出場する。

▽2回戦(上武大2勝)
白鷗大
000|000|000=0
210|000|11X=5
上武大
【白】今村、沢田、山田啓、大関、中村-渡邉、小川
【上】宮川哲-吉田
【三塁打】島田(上)
【二塁打】山田(上)

【首都大学野球連盟】筑波大が2位通過、関東地区大学野球選手権大会出場

 平成29年度首都大学野球秋季リーグ戦の最終週最終日が14日、千葉県浦安市の浦安市運動公園野球場で行われ、筑波大が帝京大から勝ち点4を上げ、2位を決めた。
 筑波大は第48回明治神宮野球大会出場決定戦を兼ねた横浜市長杯争奪 第13回関東地区大学野球選手権大会(10月30日から4日間・横浜スタジアム予定)に出場する。

▽2回戦(筑波大2勝)
帝京大
000|000|00 =0
012|021|22x=10
筑波大
(8回コールド)
【帝】●本野、南木、米村、廣畑、横山-塚畝
【筑】○大場、大道寺-松谷
【二塁打】木下(帝)

【首都大学野球連盟】日本体育大が優勝、関東地区大学野球選手権大会出場

 平成29年度首都大学野球秋季リーグ戦の第5週最終日が1日、神奈川県平塚市のバッティングパレス相石スタジアムひらつかで行われ、日本体育大が武蔵大から勝ち点4を上げ開幕から8連勝、最終週を待たずに3季ぶり23回目の優勝を決めた。日本体育大は第48回明治神宮野球大会出場決定戦を兼ねた横浜市長杯争奪 第13回関東地区大学野球選手権大会(11月上旬・横浜スタジアム)に出場する。

▽2回戦(日本体育大2勝)
武蔵大
000|110|000=2
001|005|01X=7
日本体育大
【武】秋山、熊川、●本田、河野-廣瀬
【日】○松本航-馬場
【本塁打】松本一(武)
【二塁打】三浦(武)、エドポロ(日)

【首都大学野球連盟】日本体育大・東妻投手が無安打無得点試合達成

 平成29年度首都大学野球秋季リーグ戦の第2週第1日が9日、東京都町田市の小野路球場で行われ、日本体育大の東妻勇輔投手(3年・智辯学園和歌山)が明星大1回戦で無安打無得点試合(打者30、奪三振12、内野ゴロ7、内野飛球2、外野飛球3、犠打2)を達成した。許した走者は四球2人、死球の2人(うち併殺1)。同リーグでの無安打無得点試合は、平成16年春に東京経済大の大塩将之投手が筑波大3回戦で達成して以来で通算15人目、16度目(完全試合2度を含む)。

▽1回戦(日本体育大1勝)
日本体育大
000|001|000=1
000|000|000=0
明星大
【日】○東妻-馬場
【明】●坂本、宮内-大瀧
【本塁打】大木(日)

【東都大学野球連盟】入れ替え戦、立正大が一部昇格

 平成29年度東都大学野球春季入れ替え戦の第3日が15日、明治神宮野球場で行われ、一部・二部入れ替え戦は立正大が2勝1敗で専修大を下し、平成22年春以来15季ぶりの一部昇格を決めた。

▽3回戦(立正大2勝1敗)
専修大(一部6位)
110|000|031 =6
200|030|011x=7
立正大(二部1位)
【専】高橋礼、角谷、●金城-深水、大橋将
【立】鈴木、○釘宮-小畑
【本塁打】平湯(専)
【二塁打】深水、池間(以上専)木下、河津、小畑(以上立)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ