スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京新大学野球連盟】入れ替え戦、駿河台大が一部昇格

 平成28年度東京新大学野球秋季入れ替え戦の第3日が7日、埼玉県さいたま市の岩槻川通公園野球場で行われ、一部・二部入れ替え戦は駿河台大が2勝1敗で高千穂大を下し、3季ぶり一部昇格を決めた。

▽3回戦(駿河台大2勝1敗)
駿河台大(二部1位)
000 000 002|2
000 000 000|0
高千穂大(一部6位)
【駿】松薗、○貫井-倉田
【高】●佐々木、國見-梅本
スポンサーサイト

【東都大学野球連盟】入れ替え戦、専修大が一部残留

 平成28年度東都大学野球秋季入れ替え戦の第2日が7日、東京都新宿区の明治神宮野球場で行われ、一部・二部入れ替え戦は専修大が2勝で国士舘大を下し、一部残留を決めた。

▽2回戦(専修大2勝)
国士舘大(二部1位)
000 000 000 |0
000 000 001x|1
専修大(一部6位)
【国】●武内、椎野-弓削田
【専】○堀田-深水

【首都大学野球連盟】入れ替え戦、明星大が一部昇格

 平成28年度首都大学野球秋季入れ替え戦の最終日が5日、神奈川県横浜市の日本体育大学野球場で行われ、明星大が2勝1敗で城西大を下し、9季ぶり一部昇格を決めた。

▽3回戦(明星大2勝1敗)
城西大(一部6位)
000 000 000|0
000 110 00X|2
明星大(二部1位)
【城】●竹脇-佐藤史、青木
【明】○坂本-穂満
【本塁打】青木(明)
【三塁打】青木(明)

【関東地区大学野球選手権大会】桜美林大が初優勝(第1代表)、上武大は準優勝(第2代表)

 第47回明治神宮野球大会出場決定戦を兼ねた横浜市長杯争奪 第12回関東地区大学野球選手権大会の最終日が3日、神奈川県横浜市の横浜スタジアムで行われ、桜美林大が延長12回の末、上武大を下し同大会初出場で初優勝を決めた。
 桜美林大は関東5連盟第1代表、上武大は第2代表として第47回明治神宮野球大会(11月11日から6日間・明治神宮野球場)に出場、桜美林大は大会4日目の2回戦(11月14日・第3試合)で大阪体育大(関西5連盟第2代表)と環太平洋大(四国・中国3連盟代表)の勝者と、上武大は大会初日の1回戦(11月11日・第3試合)で富士大(東北3連盟代表)と対戦する。
 
▽決勝
桜美林大(首都大学野球連盟1位)
000 410 000 001|6
500 000 000 000|5
上武大(関甲新学生野球連盟1位)
(延長12回)
【桜】邑楽、安田 、増田、○宮﨑-大平
【中】鈴木、西村、霍本、●宮川哲-吉田
【三塁打】小林颯(桜)宮川海(上)
【ニ塁打】山野辺、佐俣、沼田、田所(以上桜)島田、吉田、山本(以上上)

▽表彰選手
【最優秀選手賞】沼田 涼(桜美林大4年・平塚学園)
【最優秀投手賞】佐々木 千隼(桜美林大4年・日野)
【敢闘選手賞】山下 仁(上武大4年・須磨翔風)
【特別表彰】青島 凌也(東海大2年・東海大相模) ※完全試合達成

【関東地区大学野球選手権大会】桜美林大が初、上武大は4年連続明治神宮野球大会出場

 第47回明治神宮野球大会出場決定戦を兼ねた横浜市長杯争奪 第11回関東地区大学野球選手権大会の第3日が2日、神奈川県横浜市の横浜スタジアムで行われ、桜美林大と上武大が決勝進出を決めた。
 両校は第47回明治神宮野球大会(11月11日から6日間・明治神宮野球場)に出場決定。桜美林大は平成21年の創部(準硬式から硬式に移行)以来、春秋通じて初の全国大会出場。上武大は4年連続8回目の出場。明日の決勝で第1代表と第2代表が決まる。

▽第1試合
準決勝
桜美林大(首都大学野球連盟1位)
000 102 111|6
000 000 010|1
中央学院大(千葉県大学野球連盟1位)
【桜】○佐々木-大平
【中】●臼井、田辺-長井
【三塁打】沼田(桜)
【ニ塁打】沼田、佐俣(以上桜)鈴木、長井(以上中)

▽第2試合
準決勝
共栄大(東京新大学野球連盟2位)
000 000 000|0
000 003 10X|4
上武大(関甲新学生野球連盟1位)
【共】●太田、石井-周藤
【上】○山下-吉田
【二塁打】山本、長澤、市根井、小豆澤(以上上)
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。