【南東北大学野球連盟】石巻専修大が優勝、全日本大学野球選手権大会8年ぶり出場

 平成29年度南東北大学野球春季リーグ戦の第5週最終日が7日、福島県郡山市のヨーク開成山スタジアムで行われ、石巻専修大が福島大を下し、平成22年秋以来13季ぶり6回目の優勝と第66回全日本大学野球選手権大会(6月5日から7日間・明治神宮野球場、東京ドーム)に8年ぶり4回目の出場を決めた。
 石巻専修大は大会初日の1回戦(6月5日・東京ドーム第1試合)で東京新大学野球連盟代表と対戦する。

▽2回戦(石巻専修大2勝)
福島大
000|000|000=0
100|100|40X=6
石巻専修大
【福】●門馬、芳屋、臼井-砂川
【石】○松澤-粉川
【二塁打】澤口、小野寺、名畑(以上石)

【南東北大学野球連盟】福島大・臼井投手が無安打無得点試合達成

 平成29年度南東北大学野球春季リーグ戦の第3週最終日が23日、福島県郡山市の日本大学工学部野球場で行われ、福島大の臼井將眞投手(2年・小山)が山形大2回戦で無安打無得点試合(打者30人、投球数105、奪三振7、与四球5、内野飛球1、内野ゴロ13、外野飛球2、失策1)を達成した。

▽2回戦(福島大2勝)
福島大
130|110|000=6
000|000|000=0
山形大
【福】○臼井-砂川
【山】●加藤、賀澤、大友-横田
【本塁打】福原(福)
【二塁打】砂川、佐々木(以上福)

【東北地区代表決定戦】富士大が優勝、明治神宮野球大会2年ぶり出場

 第47回明治神宮野球大会 第8回東北地区代表決定戦の最終日が23日、宮城県仙台市の仙台市民球場で行われ、決勝で富士大が仙台大を下し、同大会2年ぶり3回目の優勝と第47回明治神宮野球大会(11月11日から6日間・明治神宮野球場)に2年ぶり3回目の出場を決めた。
 富士大は大会初日の1回戦(11月11日・第3試合)で関東5連盟第2代表と対戦する。

▽決勝
仙台大(仙台六大学野球連盟)
100 000 000|1
230 000 20X|7
富士大(北東北大学野球連盟1位)
【仙】●岩佐、馬場、荒木、稲毛田-千葉
【富】○小野-小林
【二塁打】濱田、小林(以上富)

▽表彰選手
【最優秀選手賞】小野 泰己(富士大4年・折尾愛真)
【優秀投手賞】小野 泰己(富士大4年・折尾愛真)
【敢闘賞】稲毛田 渉(仙台大1年・帝京)

【東北地区代表決定戦】仙台大、富士大が決勝進出

 第47回明治神宮野球大会 第8回東北地区代表決定戦の第1日が22日、宮城県仙台市の仙台市民球場で行われ、仙台大と富士大がそれぞれ明日の決勝進出を決めた。

▽第1試合
1回戦
仙台大(仙台六大学野球連盟)
200 000 000|2
000 010 000|1
青森大(北東北大学野球連盟2位)
【仙】○稲毛田-千葉
【青】●門﨑、園部、伊藤和、井草-和島
【二塁打】郷古(仙)保戸田(青)

▽第2試合
1回戦
富士大(北東北大学野球連盟1位)
000 121 000|4
000 010 010|2
福島大(南東北大学野球連盟)
【富】○小野、西村-小林
【福】●渡邉、伊藤、芳屋、土屋-益子
【三塁打】楠(富)
【二塁打】佐藤、小林(以上富)

【南東北大学野球連盟】入れ替え戦、日大工学部が一部残留

 平成28年度南東北大学野球秋季入れ替え戦の最終日が10日、福島県郡山市の日本大学工学部野球場で行われ、日大工学部が2勝1敗で山形大工学部を下し、一部残留を決めた。

▽第1試合
2回戦(1勝1敗)
日大工学部(一部6位)
315 50|14
102 10| 4
山形大工学部(二部1位)
(5回コールド)
【日】○松浦-粕谷
【山】村上、●鈴木、鍬本-間中、佐藤
【三塁打】中山、高木(以上日)阿部、入江(以上山)
【二塁打】粕谷(日)

▽第2試合
3回戦(日大工学部2勝1敗)
日大工学部(一部6位)
000 014 000|5
110 000 000|2
山形大工学部(二部1位)
【日】松浦、○茂呂、田中彰-粕谷
【山】●安孫子-間中
【三塁打】松岡大(日)
【二塁打】粕谷(日)鈴木(山)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ