【大学日本代表】ユニバーシアード競技大会予選ラウンド第2戦、日本7-2メキシコ

 第29回ユニバーシアード競技大会の野球競技第2日が22日、台湾・台北市の新荘体育場野球場などで行われ、日本はメキシコを下し、スーパーラウンド進出を決めた。第3戦は23日に台北市立天母棒球場で米国と対戦する。

▽予選ラウンドBグループ第2戦
メキシコ(2敗)
000|020|000=2
100|020|13X=7
日本(2勝)
【メ】AVILEZ Carlos、●SALAS Kevin、UZETA Jose、REYES Jose、ROBLEDO Radames-PACHECO Edgar
【日】○東(立命館大)、阪本(関西大)-小畑(立正大)

【大学日本代表】ユニバーシアード競技大会予選ラウンド第1戦、日本19-0ロシア

 第29回ユニバーシアード競技大会の野球競技が台湾・台北市の新荘体育場野球場などで20日に開幕、日本はロシアに5回コールド勝ち、初戦を白星で飾った。第2戦は22日に新荘体育場野球場でメキシコと対戦する。

▽予選ラウンドBグループ第1戦
日本(1勝)
393|31=19
000|00=0
ロシア(1敗)
(5回コールド)
【日】青島(東海大)、伊藤(国際武道大)、○松本(日本体育大)-小林(富士大)、小畑(立正大)
【ロ】●LOBANOV Andrei、CHERMOSHENTSEV Nikolay、LADOSHKIN Denis、SHMELEV Viacheslav、MATIUSHCHENKO Vladislav-MONAKHOV Nikita

【大学日本代表】日米大学野球選手権大会最終戦、日本1-3米国

 第41回日米大学野球選手権大会の最終戦が現地時間17日、米国ニューハンプシャー州ナシュアで行われ、日本は米国に敗れて、通算成績を2勝3敗として大会3連覇を逃した。米国は3大会ぶり23回目の優勝。

▽第5戦(米国3勝2敗)
日本
100|000|000=1
001|002|00X=3
米国
【日】●森下(明治大)、栗林(名城大)、青島(東海大)-小畑(立正大)、大平(桜美林大)
【米】ホルトン、○レイビー、タッカー、ウールフォーク-コック
【二塁打】バウ、マッカーシー(以上米)

▽表彰選手
【最高殊勲選手賞】アンドリュー・バウ(米国)
【敢闘賞】阪本 大樹(関西大4年・履正社)
【首位打者賞】楠本 泰史(東北福祉大4年・花咲徳栄)
【最優秀投手賞】東 克樹(立命館大4年・愛工大名電)

【大学日本代表】日米大学野球選手権大会第4戦、日本1-3米国

 第41回日米大学野球選手権大会の第4戦が現地時間16日、米国マサチューセッツ州ウースターで行われ、優勝に王手をかけていた日本はタイブレークで米国に勝ち越され、通算成績を2勝2敗とした。勝った方が優勝となる最終戦は現地時間17日にニューハンプシャー州ナシュアで行われる。

▽第4戦(2勝2敗)
米国
000|000|010|2=3
000|010|000|0=1
日本
(延長10回タイブレーク)
【米】ジルアンカ、スプレンゲル、オールセン、タッカー、○ウールフォーク-コック
【日】東(立命館大)、松本(日本体育大)、●齊藤(明治大)、阪本(関西大)-小畑(立正大)
【二塁打】中川(東洋大)

【大学日本代表】日米大学野球選手権大会第3戦、日本5-4米国

 第41回日米大学野球選手権大会の第3戦が現地時間15日、米国マサチューセッツ州ローウェルで行われ、日本が終盤に逆転して米国を下し、通算成績を2勝1敗として大会3連覇に王手をかけた。第4戦は現地時間16日にマサチューセッツ州ウースターで行われる。

▽第3戦(日本2勝1敗)
米国
012|100|000=4
110|000|03X=5
日本
【米】ピルキングトン、●マイヤー-コック
【日】青島(東海大)、伊藤(国際武道大)、○阪本(関西大)-小畑(立正大)、吉田(上武大)
【三塁打】辰己(立命館大)、楠本(東北福祉大)
【二塁打】グレニナー、マドリガル、ウォーカー、コック(以上米)、中川(東洋大)、小畑(立正大)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ