スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道六大学野球、東農大生物産業学部・玉井投手がノーヒットノーラン

 北海道六大学野球春季リーグ戦が30日、苫小牧市緑ヶ丘球場で開幕、東農大生物産業学部の玉井大翔投手(1年・旭川実)が北海道教育大函館校1回戦でノーヒットノーラン(打者29人、球数129、奪三振12、内野ゴロ12、外野フライ1、四球2、犠打1、失策1)を達成した。同リーグでのノーヒットノーランは昨秋の函館大・佐藤将太郎投手以来、史上7人目、1年生の開幕戦での達成は初。

▽1回戦(東農大生物産業学部1勝)
東農大生物産業学部
000 210 101|5
000 000 000|0
北海道教育大函館校
【農】玉井-亀澤
【教】甲田、道場、高口-清原
スポンサーサイト

九州地区大学野球福岡・長崎予選、西日本工業大が優勝

 第85回九州地区大学野球選手権大会福岡・長崎地区予選リーグは9日から30日まで、福岡県田川市の猪井金球場他で行われ、西日本工業大が29日に全勝で全日程を終了、5季ぶり25回目の優勝を決めた。また最終日に近大産業理工学部が1敗を守り2位に入った。
 西日本工業大と2位の近大産業理工学部は決勝トーナメント(5月11日~14日・新大分球場他)に出場する。

▽30日(猪井金)
近大産業理工学部(5勝1敗)
305 001 0|9
000 000 0|0
福岡県立大(3勝3敗)
(7回コールド)
【近】高武、西村、松永、福田、恵良-福山、児玉
【県】福里-吉田
【三塁打】吉浦(近)
【二塁打】山下、中島(近)

▽29日(西日本工大G)
久留米工業大(2勝3敗)
000 000 102 |3
000 002 12×|5
西日本工業大(6勝0敗)
【久】藤井-市之瀬
【西】井上、二宮、進藤-平野、元重
【本塁打】谷(西)
【三塁打】早川光、初手(西)
【二塁打】市之瀬、新原(久)、都田(西)

▽最終順位
①西日本工業大(6勝0敗)
②近大産業理工学部(5勝1敗)
③久留米工業大(3勝3敗)
④長崎大(3勝3敗)
⑤福岡県立大(3勝3敗)
⑥福岡歯科大(1勝5敗)
⑦九州歯科大(0勝6敗)
※3位~5位は総得失点差による

▽表彰選手
【最優秀選手賞】
井上 翔夢(西日本工業大3年・佐賀学園)初
【敢闘賞】
高武 和也(近大産業理工学部3年・糸島)初
【首位打者賞】
市川 泰志(福岡県立大3年・新居浜西)初 打率0.550
【打点王】
吉浦 哲平(近大産業理工学部3年・高稜)初 12打点
【盗塁王】
吉浦 哲平(近大産業理工学部3年・高稜)初 10盗塁

▽ベストナイン
【投手】
井上 翔夢(西日本工業大3年・佐賀学園)②
【捕手】
平野 一仁(西日本工業大2年・波佐見)初
【一塁手】
大迫 拓郎(近大産業理工学部2年・熊本工)初
【二塁手】
深町 茂治(長崎大3年・筑前)②
【三塁手】
新田 塁(近大産業理工学部3年・下関商)初
【遊撃手】
泉 照之(九州歯科大2年・富山東)初
【外野手】
市川 泰志(福岡県立大3年・新居浜西)初
吉浦 哲平(近大産業理工学部3年・高稜)②
本多 正英(長崎大2年・長崎日大高)②
【指名打者】
早田 勇希(久留米工業大4年・祐誠)初

仙台六大学野球、東北学院大・伊藤投手がノーヒットノーラン(7回参考)

 仙台六大学野球春季リーグ戦第2節第2日が30日、宮城県仙台市の東北福祉大学野球場で行われ、東北学院大の伊藤祐介投手(3年・聖和学園)が東北工業大1回戦で7回参考記録ながらノーヒットノーラン(打者22人、毎回奪三振16、四死球2)を達成した。

▽1回戦(東北学院大1勝)
東北学院大
050 002 0|7
000 000 0|0
東北工業大
(7回コールド)
【学】○伊藤-瀬川
【工】●越田、柳原、野地、熊谷、石森-金子

九州地区大学野球鹿児島予選、第一工業大が優勝

 第85回九州地区大学野球選手権大会鹿児島地区予選リーグは9日から29日まで、鹿屋市の鹿屋体育大学野球場他で行われ、第一工業大が17日に勝ち点2をあげ最終週を待たずに2季連続14回目の優勝を決めた。2位争いは最終戦までもつれ、勝ち点1で3校が並んだが勝率で上回った鹿児島大が2位を決めた。
 第一工業大と2位の鹿児島大は決勝トーナメント(5月11日~14日・新大分球場他)に出場する。

▽29日(鹿屋体大G)
3回戦(第一工業大2勝1敗)
鹿児島大
000 000 100 |1
000 011 10×|3
第一工業大
【鹿】中村、前園-戸川
【第】戸柱、比嘉-馬之段
【本塁打】山野(鹿)、前田(第)
【二塁打】伊元2、脇園(第)

3回戦(鹿屋体育大2勝1敗)
鹿屋体育大
000 010 010|2
000 000 000|0
鹿児島国際大
(鹿屋体育大2勝1敗)
【体】和田-萩本
【国】林-森園
【二塁打】上田(体)、末田(国)

▽17日(鹿屋体大G)
2回戦(第一工業大2勝)
鹿児島国際大
000 000 0 |0
000 111 4x|7
第一工業大
(7回コールド)
【国】砂坂、大迫-森園
【第】福倉-馬之段
【本塁打】植村(第)
【二塁打】脇園、伊元、馬之段(第)

2回戦(1勝1敗)
鹿屋体育大
000 010 043|8
100 020 000|3
鹿児島大
【体】萩野、冨永-萩本
【鹿】梶田、中村、古川、前園、黒石-戸川
【三塁打】石塚(体)
【二塁打】加藤佑、小見山(体)、中川2(鹿)

▽最終順位
①第一工業大(6勝1敗、勝ち点3)
②鹿児島大(4勝5敗、勝ち点1)
③鹿屋体育大(3勝5敗、勝ち点1)
④鹿児島国際大(3勝5敗、勝ち点1)
※3位、4位は得失点差による

▽表彰選手
【最優秀選手賞】
伊元 卓也(第一工業大4年・鹿屋中央)初
【最優秀打者賞】
脇薗 和人(第一工業大3年・れいめい)初
【最優秀投手賞】
福倉 健太郎(第一工業大2年・鹿屋中央)初
【最優秀守備賞】
森園 裕介(鹿児島国際大4年・川内)初 ※内野手
古川 統英(鹿屋体育大4年・多治見)初 ※外野手
【優秀選手賞】
植村 剛(第一工業大4年・喜界)②
小橋口 桂嗣(鹿児島大4年・鹿児島中央)初
上田 次郎(鹿屋体育大4年・札幌藻岩)初
大迫 宏貴(鹿児島国際大4年・鹿屋)初

九州地区大学野球宮崎予選、宮崎産業経営大が優勝

 第85回九州地区大学野球選手権大会宮崎地区予選リーグは3月26日から4月25日まで、宮崎県川南町の川南町運動公園野球場で行われ、宮崎産業経営大が24日に勝ち点4をあげ3季連続34回目の優勝を決めた。
 宮崎産業経営大と2位の宮崎大は決勝トーナメント(5月11日~14日・新大分球場他)に出場する。

▽24日(川南)
2回戦(宮崎産業経営大2勝)
宮崎大
000 002 000 |2
300 000 20×|5
宮崎産業経営大
【宮】●金田、原田-吉藤
【産】○服部、田村、竹原-岩崎
【二塁打】井上(産)

▽最終順位
①宮崎産業経営大(8勝0敗、勝ち点4)
②宮崎大(6勝2敗、勝ち点3)
③九州保健福祉大(4勝4敗、勝ち点2)
④宮崎公立大(2勝7敗、勝ち点1)
⑤南九州大(1勝8敗、勝ち点0)

▽表彰選手
【最優秀選手賞】
宮本 大賢(宮崎産業経営大3年・鵬翔)初
【優秀選手賞】
阿南 拓人(宮崎大3年・大分工)初
増野 大地(九州保健福祉大4年・佐伯豊南)初
水野 翔太(宮崎公立大2年・松山南)初
三原 徹(南九州大2年・福岡農)初
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。