週ベ別冊冬季号「東都大学野球2011決算号」発売

東都大学野球2011決算号
週刊ベースボール 別冊冬季号
2011年11月30日発売
定価 1,200円

▽SPECIAL INTERVIEW
プロ野球へ羽ばたく東都No.1左腕 藤岡貴裕(東洋大)
赤星憲広(亜大OB)が語る「戦国東都の戦い方」

▽PICK-UP PLAYER
完封記録を塗り替えた右腕 東浜 巨(亜大)
スーパールーキーが直面した壁 島袋 洋奨(中大)
2011ドラフト指名選手カタログ なぜ東都大学リーグは好選手を輩出し続けるのか? [解説]中村和久
東都出身ドラフト指名368選手リスト

▽AUTUMN LEAGUE REVIEW
2011東都大学リーグ秋の熱戦譜
優勝決定戦 亜大×青学大
優勝 亜大/2位 青学大/3位 東洋大/4位 日大/5位 駒大/6位 中大
高橋監督(東洋大)、前人未到の502勝達成!
5位、6位決定戦 駒大×中大
一部二部入れ替え戦 中大×拓大 二部三部入れ替え戦 東農大×順大 三部四部入れ替え戦 芝工大×一橋大
二部優勝 拓大 三部優勝 順天堂大 四部優勝 一橋大
「戦国東都」下剋上の真実 国学院大/立正大/専大

▽DATA FILE
2011秋季リーグ戦 テーブルスコア&戦評 二部、三部、四部成績 大学別個人成績
2011春季リーグ戦 テーブルスコア&戦評 二部、三部、四部成績 大学別個人成績
歴代ベストナイン 156シーズンRESULTS 主なリーグ成績
全日本大学選手権&明治神宮大会歴代優勝校一覧 大学選手権で読む「実力の東都」

【大学日本代表候補選手強化合宿】参加選手変更

 全日本大学野球連盟は27日、第6回世界大学野球選手権大会(2012年7月13日~22日、台湾開催)の大学日本代表候補選手の強化合宿(12月2日~4日・坊っちゃんスタジアム)参加予定だった東浜巨投手(亜細亜大3年・沖縄尚学)が右肩痛、今井雄大外野手(東京国際大3年・鎮西)が故障のため、合宿参加を辞退。代わりに下記2名の選手の追加を発表した。

▽投手
西宮 悠介(横浜商科大2年・佐野日大高)

▽外野手
加藤 翔平(上武大3年・春日部東)

【明治神宮野球大会】明治大が15年ぶり5回目の優勝

 明治神宮外苑創建85年記念第42回明治神宮野球大会の最終日が27日、東京都新宿区の明治神宮野球場で行われ、大学の部決勝は明治大が愛知学院大を下し15年ぶり、同大会最多となる5回目の秋の日本一に輝いた。
 明治大は6回二死三塁で6番・阿部のタイムリーで先制、8回には4番・中嶋のスクイズで2点目を追加、投げては先発の野村が4安打されながらも打者27人で愛知学院大打線を抑えた。
 愛知学院大は先発・永岡が好投したが、7回一死三塁のチャンスを逃したのが響き完封負けを喫した。

▽決勝
第2試合
明治大(東京六大学野球連盟)
000 001 010|2
000 000 000|0
愛知学院大(北陸・東海3連盟)
【明】○野村-川辺
【東】永岡、●天池、嘉数、中根、武石、浦野-古川
【三塁打】上本(明)
【二塁打】濱内(愛)、阿部2(明)

【明治神宮野球大会】明治大、愛知学院大が決勝進出

 明治神宮外苑創建85年記念第42回明治神宮野球大会の第4日が26日、東京都新宿区の明治神宮野球場で行われ、大学の部は準決勝2試合を行い、明治大と愛知学院大がそれぞれ決勝進出を決めた。
 明治大は6回二死満塁から1番・中村の走者一掃のタイムリー三塁打で3点先制し、東北福祉大を散発4安打に抑え、15年ぶり5回目の決勝進出を決めた。
 愛知学院大はタイブレーク方式に入った延長10回に1番・濱内の左翼線タイムリー安打で創価大に逆転サヨナラ勝ち、初優勝した1991年以来20年ぶり2回目の決勝進出を決めた。

▽準決勝
第3試合
明治大(東京六大学野球連盟)
000 003 200|5
000 000 000|0
東北福祉大(東北3連盟)
【明】○野村、岡-川辺
【東】●中根、相原、伊藤、橋本-眞砂
【三塁打】中村(明)
【二塁打】竹田、島内、川辺(明)

第4試合
創価大(関東5連盟第1代表)
000 000 000 1 |1
000 000 000 2x|2
愛知学院大(北陸・東海3連盟)
(延長10回タイブレーク)
【創】●小川-寺嶋
【愛】中根、○浦野-古川
【二塁打】辻(創)

【明治神宮野球大会】東北福祉大、創価大が準決勝進出

 明治神宮外苑創建85年記念第42回明治神宮野球大会の第3日が25日、東京都新宿区の明治神宮野球場で行われ、大学の部は2回戦2試合を行い、東北福祉大と創価大がそれぞれ準決勝進出を決めた。
 東北福祉大は9回に3番・尾形の右越えソロホームランで大阪体育大にサヨナラ勝ち、3年ぶり10回目のベスト4を決めた。
 創価大は先発・小川が11奪三振の好投で九州共立大に4安打完封勝ち、14年ぶり2回目のベスト4を決めた。

▽2回戦
第3試合
大阪体育大(関西5連盟第1代表)
000 000 000 |0
000 000 001x|1
東北福祉大(東北3連盟)
【大】●松葉-田中
【東】萩野、加藤、○相原-眞砂
【本塁打】尾形(東・9回サヨナラソロ)

第4試合
創価大(関東5連盟第1代表)
100 110 000|3
000 000 000|0
九州共立大(九州3連盟)
【創】○小川-手嶋
【九】●大瀬良-対馬
【三塁打】寺嶋、脇山(創)
【二塁打】大古、脇山、永井(創)、伊礼(九)
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ