【大学日本代表】代表コーチ3名選出

 全日本大学野球連盟は13日、東京都内で理事会を開き、大学日本代表の新しいコーチに東海大の横井人輝監督(50)、関西国際大の鈴木英之監督(45)、國學院大の鳥山泰孝監督(37)の3名が選出された。コーチの任期は1年で鈴木、鳥山両監督は初選出。監督は明治大の善波達也監督(50)が既に就任しており、7月に開催される第39回日米大学野球選手権大会(7月6日~7月11日・明治神宮野球場他)に出場する。

【四国地区大学野球連盟】今春のリーグ戦からタイブレーク制導入

 四国地区大学野球連盟は10日、今春のリーグ戦から延長タイブレーク制を導入することを発表した。9回を終えて同点の場合は、10回以降一死満塁で任意の打順から攻撃を始める。
 

【全日本大学野球選手権大会】平成27年から審判ライセンス制度導入

 日本アマチュア野球規則委員会が6日、都内のホテルで開催され、社会人、大学、高校などのアマ野球審判員にライセンス制度を導入することが決定した。今季から2年の準備期間を経て、平成27年1月1日から実施される。
 ライセンス資格はS級(国際審判員)、1級、2級、3級の4段階に分かれ、全日本大学野球選手権大会や社会人野球の都市対抗野球大会、日本選手権などの全国大会は1級の資格者を条件とする。
 なお、高校野球については日本高野連が不参加を表明、春の選抜高校野球大会と夏の全国高校野球選手権大会の甲子園大会は当面対象外となる。
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ