【神奈川大学野球連盟】神奈川大が優勝、全日本大学選手権6年ぶり出場

 平成26年度神奈川大学野球春季リーグ戦の第6週最終日が12日、厚木市の神奈川工科大学KAITスタジアムで行われ、神奈川大が神奈川工科大から勝ち点5を上げ、平成21年秋以来9季ぶり50回目の優勝と第63回全日本大学野球選手権大会(6月10日から6日間・明治神宮野球場、東京ドーム)に平成20年の第57回大会以来6年ぶり24回目の出場を決めた。
 神奈川大は大会初日の1回戦(6月10日・神宮球場第2試合)で九州地区大学野球連盟代表と対戦する。

▽2回戦(神奈川大2勝)
神奈川大
001 150 120|10 H15 E2
012 100 200|6  H11 E0
神奈川工科大
【神】児玉(2回1/3)、兒玉(4回1/3)、住吉(1回1/3)、瀧瀬(1回)-中浦
【工】島村(4回1/3)、藤本(2回2/3)、渡邉啓(2回)-本橋
【本塁打】阿南(神・7回ソロ)
【三塁打】木村(神)、田島(工)
【二塁打】阿南、濱元2(神)、田島(工)
スポンサーサイト



【東海地区大学野球連盟】静岡学生、静岡大が優勝

 平成26年度東海地区大学野球春季リーグ戦の静岡学生野球リーグ最終週最終日が12日、静岡市の清水庵原球場で行われ、優勝に王手をかけていた常葉大浜松キャンパスが日大国際関係学部に敗れ勝ち点を落とした。この結果、4日に全日程を終了した静岡大と常葉大浜松キャンパスが勝ち点5で並んだが、勝率で上回った静岡大の平成14年春以来24季ぶり3回目の優勝が決まった。静岡大は東海地区大学野球春季選手権大会(5月24日・中津川公園野球場)に出場する。

▽3回戦(日大国際関係学部2勝1敗)
日大国際関係学部
003 002 000|5 H11 E1
001 000 100|2 H10 E2
常葉大浜松キャンパス
【日】原田(6回1/3)、青山(2回2/3)-熊井
【浜】上野(5回1/3)、岡田(3回2/3)-秋篠
【三塁打】森井(日)、秋篠(浜)

▽4日富士球場・2回戦(静岡大2勝)
静岡大
440 13|12 H10 E0
000 00|0  H0 E2
静岡理工科大
(5回コールド)
【静】森田(4回)、志貴(1回)-小川、清水
【理】山本(1回1/3)、清(3回2/3)-高部
【三塁打】高木、稲葉2(静)
【二塁打】森(静)
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ