【北東北大学野球連盟】富士大・多和田投手が1試合最多奪三振リーグ新記録達成

 平成26年度北東北大学野球秋季リーグ戦の第2週第1日が30日、青森県八戸市の八戸市東野球場で行われ、富士大の多和田真三郎投手(3年・中部商)がノースアジア大1回戦で1試合最多奪三振のリーグ新記録18個を達成した。多和田投手は8回を投げ8安打3四死球1失点ながらも毎回の18奪三振。

▽1回戦(富士大1勝)
富士大
000 032 100|6
100 000 000|1
ノースアジア大
【富】多和田(8回)、菅原(1回)-冨里、小林遼
【ノ】岸本(7回)、花田(2回)-石井将
【本塁打】平野(富・6回2ラン)、濱田(7回ソロ)
【三塁打】中島(富)
【二塁打】根本(富)、高橋昌(ノ)

【北東北大学野球連盟】青森大・稲葉選手がサイクル安打達成

 平成26年度北東北大学野球秋季リーグ戦の第1週第2日が24日、岩手県岩手郡葛巻町の葛巻町総合運動公園野球場で行われ、青森大の稲葉侑大選手(3年・弘前工)がノースアジア大2回戦でサイクル安打(1回・三塁打、3回・二塁打、5回・右前打、6回・3ラン本塁打)を達成した。

▽2回戦(青森大2勝)
ノースアジア大
100 000 1|2
303 023 X|11
青森大
(7回コールド)
【ノ】木場(1/3)、花田(2回2/3)、岸本(3回)-石井将
【青】井草(6回)、須藤(1/3)、菅井(2/3)-後藤雅
【本塁打】稲葉(青・6回3ラン)
【三塁打】稲葉(青)
【二塁打】高橋恒、稲葉(青)

【明治神宮野球大会】神宮への道、平成26年度秋季リーグ戦開幕

 第45回明治神宮野球大会(11月14日より6日間、明治神宮野球場)への出場権がある全国26大学野球連盟秋季リーグ戦の先頭を切って、四国地区大学野球連盟の一部リーグが香川県さぬき市のアークバリアベースボールパーク志度で21日、開幕した。
 今後各連盟とも順次開幕し、各地区代表決定戦(東京六大学野球連盟と東都大学野球連盟はリーグ優勝校)を経て、11月上旬頃までには全11代表が出揃う予定。
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ