スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【四国地区大学野球連盟】愛媛大が優勝、全日本大学野球選手権大会2年連続出場

 平成28年度四国六大学野球春季リーグ戦の第4週最終日が23日、愛媛県松山市のマドンナスタジアムと香川県観音寺市の観音寺市総合運動公園野球場で行われ、愛媛大が高知工科大から勝ち点4を上げ開幕から8戦全勝、勝ち点3で追っていた高知大は四国学院大に勝ち点を落とした。この結果、愛媛大が最終週で勝ち点を落としても、勝率で並ぶチームがなくなったため、愛媛大の2季ぶり8回目の優勝と第65回全日本大学野球選手権記念大会(6月6日から7日間・明治神宮野球場、東京ドーム)に2年連続4回目の出場が決まった。
 愛媛大は大会初日の1回戦(6月6日・東京ドーム第4試合)で北陸大学野球連盟代表と対戦する。

▽マドンナ・2回戦(愛媛大2勝) 
愛媛大
000 002 100|3
000 000 000|0
高知工科大
【愛】○佐藤-乗松
【工】●先田、尾崎-山川
【三塁打】山本(愛)

▽観音寺・3回戦(四国学院大2勝1敗)
四国学院大
001 000 200|3
100 000 000|1
高知大
【四】○小久保-森口
【高】●益原、上ノ薗-白石
【二塁打】田中(高)
スポンサーサイト

【全日本大学野球選手権大会】第65回記念大会組み合わせ決定

 平成28年度の大学野球日本一を決める第65回全日本大学野球選手権記念大会(6月6日から7日間・明治神宮野球場、東京ドーム)の組み合わせ抽選会が22日、東京都内で行われ、別表の通り組み合わせが決定した。前回優勝の東京六大学野球連盟、同準優勝の東京新大学野球連盟、同ベスト4の関甲新学生野球連盟、神奈川大学野球連盟と、最近の10回で優勝回数が多い東都大学野球連盟の5連盟がシードされた。
 今大会から九州地区大学野球連盟が北部と南部の2校出場になり、全国26連盟の代表27校で日本一を争う。開会式は大会前日の5日に明治神宮会館にて、選手宣誓を東京六大学野球連盟代表校の主将が行う。

 また全日本大学野球連盟は同日、第40回日米大学野球選手権大会(7月12日から全5戦・ハードオフエコスタジアム新潟他)に出場する大学日本代表のコーチに関西国際大・鈴木英之監督(49)、神奈川大・古川祐一監督(47)、法政大・青木久典監督(43)の3名の就任を発表した。代表監督には東海大の横井人輝監督(54)の就任がすでに決まっており、代表メンバーは選考合宿(6月17日から3日間・バッティングパレス相石スタジアムひらつか)を経て、24名が選出される。

【関西学生野球連盟】立命館大・東投手が無安打無得点試合達成

 平成28年度関西学生野球春季リーグ戦の第3節第1日が16日、滋賀県大津市の皇子山総合運動公園野球場で行われ、立命館大・東克樹投手(3年・愛工大名電)が京都大1回戦で無安打無得点試合(打者28、球数110、奪三振9、与四球2)を達成した。同リーグでの無安打無得点試合は平成24年秋に近畿大・小出智彦投手が京都大2回戦で記録して以来、リーグ史上29人目(完全試合1試合を含む)。

▽1回戦(立命館大1勝)
立命館大
001 421 031|12
000 000 000| 0
京都大
【立】○東-山田
【京】●平田、宇納、井口-村山
【二塁打】石坂、辰己(以上立)

【関西六大学野球連盟】龍谷大・瀧中投手がリーグ新記録の7者連続奪三振達成

 平成28年度関西六大学野球春季リーグ戦の第2節第1日が9日、兵庫県明石市の明石トーカロ球場で行われ、龍谷大の瀧中瞭太投手(4年・高島)が大阪学院大1回戦の6回一死から8回二死までリーグ新記録となる7者連続奪三振を達成、計15奪三振の好投で完投勝利。同リーグでのこれまでの連続奪三振記録は、昭和60年秋に大阪商業大・高橋昌也投手が神戸学院大1回戦で、平成26年春に京都産業大・尾嶋佳太投手が大阪学院大2回戦で達成した6者連続奪三振。

▽1回戦(龍谷大1勝)
大阪学院大
000 100 000|1
002 100 01X|4
龍谷大
【院】堀田-池田健
【龍】瀧中-宮崎
【二塁打】辻、安田孝(以上院)目賀田、梅田(以上龍)

【全日本大学野球選手権大会】神宮への道、平成28年度春季リーグ戦開幕

 平成28年度の大学野球日本一を決める第65回全日本大学野球選手権記念大会(6月6日より7日間、明治神宮野球場・東京ドーム)への出場権がある全国26大学野球連盟春季リーグ戦の先頭を切って、関甲新学生野球連盟、首都大学野球連盟、愛知大学野球連盟、東海地区大学野球連盟、関西学生野球連盟、近畿学生野球連盟、広島六大学野球連盟、中国地区大学野球連盟、四国地区大学野球連盟、九州地区大学野球連盟の10連盟が2日、開幕した。今後各連盟とも順次開幕し、5月下旬ごろまでには全27代表校(九州地区は今年から2校出場)が決定する。
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。