【大学日本代表】日米大学野球選手権大会、日本が2大会連続優勝

 第40回日米大学野球選手権大会の最終日が17日、静岡市の静岡草薙球場で行われ、日本が米国に延長タイブレークの末、サヨナラ勝ち、2大会連続18回目の優勝を決めた。

▽最終戦(日本3勝2敗)
米国
000 000 400 0 |4
110 020 000 1x|5
日本
(延長10回タイブレーク)
【米】 ホウク、ピーターソン、●ブカウスカス-スコウグ
【日】柳(明治大)、佐々木(桜美林大)、田村(立教大)、○齊藤(明治大)-牛島(明治大)、森川(法政大)
【本塁打】辰己(立命館大)スコウグ(米)
【二塁打】バーガー(米)

 日本は初回に相手暴投で先制、2回に辰己の本塁打で1点、5回には佐藤(立教大)の適時打で2点追加。7回に米国のスコウグに満塁本塁打を打たれ同点に追いつかれたが、タイブレークに突入した10回に島田(上武大)の犠飛でサヨナラ勝ち。

【最高殊勲選手賞・最優秀投手賞】柳 裕也(明治大4年・横浜)
【敢闘賞】エバン・スコウグ(米国)
【首位打者賞】ジェーク・バーガー(米国)

【大学日本代表】日米大学野球選手権大会第4戦、米国10-2日本

 第40回日米大学野球選手権大会の第4日が16日、静岡市の静岡草薙球場で行われ、米国が日本に連勝して優勝に逆王手をかけた。最終戦は17日に同球場で行われる。

▽第4戦(2勝2敗)
日本
000 000 020| 2
020 600 02X|10
米国
【日】●濱口(神奈川大)、水野(東海大北海道キャンパス)、齊藤(明治大)、伊藤(国際武道大)、吉川(関西大) - 森川、牛島
【米】 ライト、○トーマス、オットー、マクコーハン -スコウグ
【本塁打】スコウグ、フリードル(以上米)
【三塁打】ケンドール(米)
【二塁打】バーガー2(米)

 米国は2回に暴投や犠飛で2点先制、4回にはスコウグの3ラン本塁打などで一挙6点、8回にもフリードルの2ラン本塁打と長打攻勢で大勝。日本は8回に京田(日本大)の適時打で2点を返すのみに終わった。

【大学日本代表】日米大学野球選手権大会第3戦、米国1-0日本

 第40回日米大学野球選手権大会の第3日が15日、東京都新宿区の明治神宮野球場で行われ、米国が日本に勝ち今大会初勝利をあげた。第4戦は16日に静岡草薙球場で行われる。

▽第3戦(日本2勝1敗)
米国
001 000 000|1
000 000 000|0
日本
【米】マッケイ、○レンジ、ジョンソン-スコウグ
【日】●宮台(東京大)、水野(東海大北海道キャンパス)、濱口(神奈川大)、吉川(関西大)-森川(法政大)、吉田(上武大)
【二塁打】佐藤2(立教大)スコウグ、ケンドール(以上米)

 米国は3回にケンドールの適時二塁打で先制、日本は米国投手陣の前に佐藤(立教大)の3安打のみに抑えられ完封負けを喫した。

【大学日本代表】日米大学野球選手権大会第2戦、日本1-0米国

 第40回日米大学野球選手権大会の第2日が13日、新潟市のHARD OFF ECOスタジアム新潟で行われ、日本が米国に連勝して優勝に王手をかけた。第3戦は15日に明治神宮野球場で行われる。

▽第2戦(日本2勝)
日本
000 010 000|1
000 000 000|0
米国
【日】 ○柳(明治大)、田村(立教大)-牛島(明治大)
【米】ファエド、●ピーターソン、ライト、トーマス-リベラ
【二塁打】辰己(立命館大)マクケイ(米)

 日本は5回に京田(日本大)の適時打で先制。投げては先発の柳が7回を2安打、8者連続を含む12奪三振の好投で開幕2連勝。

【大学日本代表】日米大学野球選手権大会第1戦、日本2-1米国

 第40回日米大学野球選手権大会が12日、新潟市のHARD OFF ECOスタジアム新潟で開幕、第1戦は日本が米国に逆転勝ちをして1勝目をあげた。大会は全5戦で勝ち越した方が優勝、第2戦は13日に同球場で行われる。

▽第1戦(日本1勝)
米国
010 000 000|1
000 020 00X|2
日本
【米】●ホウク、ブカウスカス-リベラ
【日】○佐々木(桜美林大)、斉藤(明治大)、田村(立教大)-森川(法政大)
【三塁打】ケンドール(米)

 日本は1点を追う5回に森川の2点適時打で逆転、投げては先発の佐々木が7回を3安打1失点12奪三振の好投、開幕戦を白星スタート。
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ