【全日本大学野球選手権大会】神宮への道、平成30年度春季リーグ戦開幕

 平成30年度の大学野球日本一を決める第67回全日本大学野球選手権大会(6月11日から7日間、明治神宮野球場・東京ドーム)への出場権がある全国26大学野球連盟春季リーグ戦の先頭を切って、東海地区大学野球連盟の静岡県リーグ、九州地区大学野球連盟南部の宮崎地区と沖縄地区予選リーグが31日、それぞれ開幕した。今後各連盟とも順次開幕し、6月上旬ごろまでには全27代表校(九州地区大学野球連盟は北部と南部の2代表)が決定する。

【首都大学野球連盟】投球数ガイドラインを導入

 首都大学野球連盟は1日、今春リーグ戦から、投手の故障を予防するために投球数ガイドラインを導入すると発表した。罰則規定は設けず提言として運用する。

投球数ガイドラインは以下の通り。
(1)先発1戦目は投球制限をしない。
(2)2戦目は、前日に121球以上投げた場合は、50球までとする。ただし、投球中に50球を超えた場合は、イニング終了まで可とする。
(3)1戦目で120球以下の場合は、連投を妨げない。
(4)雨天で1日空けた場合は、制限を設けない。
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ