【近畿学生野球連盟】奈良学園大が優勝、全日本大学野球選手権大会2年ぶり出場

 平成30年度近畿学生野球春季リーグ戦の第4節最終日が29日、大阪市の大阪シティ信用金庫スタジアムで行われ、奈良学園大が大阪観光大から勝ち点4を上げ開幕から8連勝、最終節で勝ち点を落としても勝率で他校を上回るため、3季ぶり43回目の優勝と第67回全日本大学野球選手権大会(6月11日から7日間・明治神宮野球場、東京ドーム)に2年ぶり21回目の出場を決めた。
 奈良学園大は大会初日の1回戦(6月11日・東京ドーム第1試合)で関西学生野球連盟代表校と対戦する。

▽2回戦(奈良学園大2勝)
奈良学園大
101|100|201=6
001|040|000=5
大阪観光大
【奈】摺石、田中嵐、○大畑-瀬口
【観】棟羽、●小林-澤田
【本塁打】吉田(奈)
スポンサーサイト



【東海地区大学野球連盟】三重県リーグ、四日市大が東海地区大会進出

 平成30年度東海地区大学野球春季リーグ戦・三重県リーグ(三重県学生野球春季リーグ戦)の第5週第2日が29日、津市の安濃中央総合公園内野球場で行われ、四日市大が三重大に勝ち対戦成績を1勝1敗のタイとした。この結果、四日市大が最終戦で勝ち点を落としても勝率で他校を上回るため、2季連続7回目の優勝が決まった。四日市大は平成30年度東海地区大学野球春季選手権大会(5月26日・静岡市清水庵原球場)に出場する。

▽2回戦(1勝1敗)
四日市大
002|005|0=7
000|000|0=0
三重大
(7回コールド)
【四】鈴木-伊藤圭
【三】福西、越智、藤田光-中島、田中
【三塁打】村川(四)
【二塁打】松永(三)

【九州地区大学野球連盟南部】宮崎地区予選、宮崎産業経営大が決勝リーグ進出

 第99回九州地区大学野球選手権南部九州ブロック大会・宮崎地区予選(第53回宮崎県大学野球リーグ)の最終週最終日が29日、児湯郡川南町の川南町運動公園野球場で行われ、宮崎産業経営大が宮崎大から勝ち点4を上げ、13季連続47回目の優勝を決めた。宮崎産業経営大は決勝リーグ(5月18日から3日間・藤崎台県営野球場)に出場する。

▽2回戦(宮崎産業経営大2勝)
宮崎産業経営大
000|001|220=5
000|000|000=0
宮崎大
【産】杉尾-大幡
【宮】鈴木、迫田、後藤-古川
【二塁打】増本(宮)

【九州地区大学野球連盟南部】鹿児島地区予選、鹿屋体育大が決勝リーグ進出

 第99回九州地区大学野球選手権南部九州ブロック大会・鹿児島地区予選(平成30年度鹿児島県大学野球春季リーグ戦)の雨天順延となっていた第2週第3日が28日、鹿屋市の鹿屋体育大学野球場で行われ、鹿屋体育大が第一工業大から勝ち点3を上げ、2季連続6回目の優勝を決めた。鹿屋体育大は決勝リーグ(5月18日から3日間・藤崎台県営野球場)に出場する。

▽3回戦(鹿屋体育大2勝1分け)
鹿屋体育大
120|000|000=3
000|010|010=2
第一工業大
【体】橋積、河野-後藤
【第】長嶺-徳盛
【二塁打】鴨瀬、新垣(以上体)

【東海地区大学野球連盟】中部学院大・高杯選手がサイクル安打達成

 平成30年度東海地区大学野球春季リーグ戦の岐阜県リーグ第4週第1日が22日、可児市のKYBスタジアムで行われ、中部学院大の高杯翼選手(4年・花咲徳栄)が岐阜経済大1回戦でサイクル安打(1回・単打、2回・三塁打、7回・本塁打、8回・二塁打)を達成した。

▽1回戦(中部学院大1勝)
岐阜経済大
010|020|101=5
050|000|13X=9
中部学院大
【経】小澤、高田、花城-山内
【部】若山、櫻糀、伊藤健-高杯
【本塁打】高杯(部)
【三塁打】高杯(部)
【二塁打】白井、日賀(以上経)廣部、高杯(以上部)
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ