【関甲新学生野球連盟】上武大が優勝、全日本大学野球選手権大会3年連続出場

 平成29年度関甲新学生野球春季リーグ戦の最終節最終日が16日、群馬県伊勢崎市の上武大学野球場で行われ、上武大が白鷗大から勝ち点5を上げ、6季連続30回目の優勝と第66回全日本大学野球選手権大会(6月5日から7日間・明治神宮野球場、東京ドーム)に3年連続15回目の出場を決めた。
 上武大は連盟シード(前回大会ベスト4)により大会2日目の2回戦(6月6日・明治神宮野球場第3試合)から登場、北海道学生野球連盟代表と北陸大学野球連盟代表の勝者と対戦する。

▽3回戦(上武大2勝1敗)
上武大
104|100|4=10
000|000|0=0
白鷗大
(7回コールド)
【上】寺沢、宮川-吉田
【白】安藤、中村-小川
【三塁打】鳥巣、島田(以上上)
【ニ塁打】鳥巣、吉田(以上上)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ