【近畿学生野球連盟】和歌山大が初優勝、全日本大学野球選手権大会初出場

 平成29年度近畿学生野球春季リーグ戦の第5節第2日が17日、大阪市南港中央野球場で行われ、和歌山大が奈良学園大から勝ち点4を上げ全日程終了、勝ち点で並ばれても勝率で他校を上回るため、昭和25年秋にリーグ加盟して以来、初の優勝と第66回全日本大学野球選手権大会(6月5日から7日間・明治神宮野球場、東京ドーム)に初出場を決めた。和歌山大の全国大会出場は大正13年に野球部創部以来、春秋通じて初、また和歌山県勢としても初の出場。
 和歌山大は連盟シード(前回大会ベスト4)により大会3日目の2回戦(6月7日・明治神宮野球場第1試合)から登場、近畿大(関西学生野球連盟)と岡山商科大(中国地区大学野球連盟)の勝者と対戦する。

▽2回戦(和歌山大2勝)
和歌山大
011|000|002=4
000|000|000=0
奈良学園大
【和】○貴志、野山-眞鍋
【奈】●大畑、大仁、榎本、 熊谷、上野-沖、瀬口
【三塁打】川北(奈)
【二塁打】眞鍋(和)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ