【明治神宮野球大会】立正大が優勝、9年ぶり2回目の秋日本一

 明治維新150年記念 第49回明治神宮野球大会の最終日が14日、東京都新宿区の明治神宮野球場で行われ、大学の部決勝は立正大が環太平洋大に逆転勝ち、平成21年の第40回大会以来9年ぶり2回目の秋日本一に輝いた。

▽決勝
立正大(東都大学野球連盟)
001|000|140=6
010|003|000=4
環太平洋大(中国・四国三連盟代表)
【立】釘宮、○渡部、糸川-木下
【環】岩永、佐々木、屋良、仲尾、●西山、大原-志賀
【本塁打】伊藤裕(立)
【三塁打】押部(環)
【二塁打】佐々木勝、米田、平田(以上立)、梅本、志賀(以上環)

 立正大は8回表に小郷の適時打で1点差とし、続く伊藤裕の2点本塁打で逆転、さらに犠飛で1点追加しこの回一挙4点、投げては二番手の渡部が好投、最後は糸川が締めて、優勝を決めた。
 環太平洋大は2回裏に梅本の適時打で先制、同点で迎えた6回裏に梅本、祝出の連続適時打と犠飛で3点勝ち越すなど、優位に試合を運んだが終盤に投手陣が立正大打線に捕まり、初の全国制覇はならなかった。
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ